EVENT & WORKSHOP イベント・ワークショップ情報

加賀温泉郷フェス2019 アフターパーティー in 森の栖

開催日/2019年7⽉20⽇(土)
開催時間/開場・開演22:00 終演25:00(予定)
開催場所/⼭代温泉 森の栖(⽯川県加賀市⼭代温泉14-27)※瑠璃光から徒歩10分

加賀温泉郷フェス2019 アフターパーティー in 森の栖 公演概要


主催 /加賀温泉郷フェス実⾏委員会
協力 /株式会社VISIONARIES
入場料(税込) /前売り2,000円 当日2,500円
※別途1ドリンク500円必要
※未成年の入場不可
プレイガイド /ローソンチケット Lコード:55064
チケットぴあ Pコード:148-513
イープラス
Peatix https://kagafes2019after.peatix.com
問い合わせ先 /加賀温泉郷フェス実⾏委員会事務局(瑠璃光内)
0761-77-2323
出演アーティスト /Avec Avec(LIVE SET)/in the blue shirt/Tomggg/PARKGOLF/春ねむり/Yackle


Avec Avec

トラックメーカー/作曲家/編曲家。
2007年頃からインターネット上でのリミックスやマッシュアップ制作をきっかけに2011年にAvec Avec名義で活動をスタートさせる。アメリカLAのMush Recordsや日本のネットレーベルMaltine RecordsよりEPをリリース。国内外問わず様々なリミックスも手がけつつ、楽曲プロデュースもおこなう。Seihoとのポップユニット”Sugar’s Campaign"ではほぼ全ての楽曲の制作を手掛けている。
Bass Music,Beat Music,Synthpopなど10年代的ビートを基調に新しいPOPの形を追求し続けている。


in the blue shirts

1991年生まれ、大阪在住、有村崚(ありむら・りょう)によるソロプロジェクト。 チルウェイヴ周辺のベッドルームミュージックに強い影響を受け、2012年より楽曲制作を開始。ボーカルエディットを用いた独特のメロディラインとポップセンスが高く評価されている。国内最大級のネットレーベル「Maltine Records」より「in the blue shirt ­- Cyanotype」のほか、京都のインディーズレーベル「Second Royal」より「in the blue shirt ­- toward morning」を7インチ・ヴァイナルで発表。2016年にダンスミュージックレーベル「TREKKIE TRAX」より1stアルバム「Sensation Of Blueness」をリリースした自身の作品の他、TVドラマの劇伴、CMやWEB広告の音楽も手がける。

web
http://intheblueshirt.com

soundcloud
https://soundcloud.com/in-the-blue-shirt

bandcamp
https://intheblueshirt.bandcamp.com

twitter
https://twitter.com/arimuri


Tomggg(とむぐぐぐ)

1988年、千葉県生まれ。国立音楽大学 大学院 修士課程 作曲専攻修了。
劇的な展開・キラキラした音を駆使し、ものすごく楽しくなる楽曲を得意としています。自身のsoundcloudや、Maltine Records等のネットレーベルにて楽曲を発表を続け、2015年3月にはCD/配信で”Butter Sugar Cream”をリリース。
2016年5月にはCD/配信で”Art Nature”をリリース。
Ryan HemsworthやSlow Magicなどの国外勢とのコラボレーションや、シンガーのプロデュース、アイドル楽曲のリミックス、広告関係の楽曲制作などジャンルや国を飛び越えた広がりを見せています。


PARKGOLF(パークゴルフ)

北海道札幌市出身のビートメイカー/プロデューサー。2012年より始動。ネットレーベル〈Maltine Records〉作品の参加で注目され、ゲスの極み乙女 tofubeatsや藤井隆らのリミックスを手掛ける。DAOKOのメジャー・デビュー作ではプロデュースを務めるなど幅広い活動を展開。2015年にSeiho主宰の〈Day Tripper Records〉より1stアルバム『Par』を発表。拠点を東京へ移し、2017年に一十三十一、おかもとえみ、GOODMOODGOKUら参加のアルバム『REO』をリリース。その後も唾奇のremixやあっこゴリラ、chelmicoなど数多く楽曲提供をしている。


春ねむり

1995年生まれ、横浜出身のシンガーソングライター / ポエトリーラッパー / トラックメーカー。17歳からバンドを始め、シンセを担当。21歳、突如マイクを握り、うたう最終兵器「春ねむり」としての活動を始める。自身で全楽曲の作詞・作曲を担当している。
活動をはじめて数ヶ月後には、正規音源未発売ながらBAYCAMP2016にO.A.として出演。また、音楽プロデューサー蔦谷好位置氏とのコラボ曲「さよならぼくのシンデレラ」の制作ではリリックと歌唱を担当。2016年10月、ファーストミニアルバム「さよなら、ユースフォビア」でデビュー。
その後、デビュー3ヶ月でワンマンライブをソールドアウトし、冬のBAYCAMP201701、WOOLY SUMMITなど、複数のフェス・サーキットイベントへ出演。
また、トラックメーカーとしての楽曲提供、ソロでの客演参加も盛んに行い、2017年3月にはリミックス作品をリリース。そして、活動開始から一年、セカンドミニアルバム「アトム・ハート・マザー」をリリース。同作品が、2017年6月度「タワレコメン」へ選出。
直後の夏には、オーディション優勝を経て「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」へ出演!(他、カオスフェス、つくばロックフェス、BAYCAMP2017等へ出演)。さらに、8月には芋生悠主演映画「; the eternal /spring」の主題歌を担当、9月には後藤まりことの共作シングル「はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて」をリリース。
デビューから一年の節目には、吉祥寺・武蔵野公会堂にて自身初となるホールワンマンライブを成功させた。
2017年11月、資生堂の医薬品リップクリーム「モアリップ」のWeb CMに出演しリリックと歌唱を担当。12月からは3カ月連続自主企画「冬の大三角」を行い、サードワンマンライブをソールドアウト。
2018年、東京女子流(avex)「ラストロマンス」「キスひとつで」を制作(作詞作曲編曲)するなど作家としても活動開始。3月、「auひかり」のWeb CMに出演しプロレスラーの蝶野正洋と共演。ラップとダンスを担当。
そして、4月 待望のファースト・フルアルバム「春と修羅」をリリース!日本国内のみならず海外でも取り上げられ、早くもミリオン再生を達成。その評判通り、海外で行われる野外ロックフェスへも複数回出演、ワンマン公演の即日ソールドアウト等、規模を広げ勢いは増す一方。
8月、映画「;the eternal / spring」主題歌「kick in the world」をリリース。アメリカの音楽サイト[Stereogum]が「kick in the world」を“THE 5 BEST SONGS OF THE WEEK”でNo.1ソングに選出。
2019年にはヨーロッパを代表する20万人級の巨大フェスティバル「Primavera Sound 2019」への出演の他、複数の海外フェス・ツアーが決定している。
これが新世代のジェイポップ、こころはロックンロール。


Yackle(ヤックル)

Yuuki Yamaguchiによるソロ・プロジェクト[Yackle]
奈良県出身、2000年生まれのDJ / Producer / Organizer。
2013年からDJとして音楽活動を開始する。数々のイベントに出演し経験を積み上げていき、現在は関東/関西にとどまらず全国各地のイベントに出演している。
2015年夏からは作曲活動を開始し、2016年夏からは自身がオーガナイザーのパーティー「合法」「MusicCreation」などを全国各地で定期的に開催している。
現在は、Live Set/DJでのイベント出演やイベント主催に加えて、ラジオ/書物/Webメディア等の方面でもマルチに活動。